生命保険とは

保険の種類の一つに、生命保険というものがあります。生命保険はその名前の通り生命自体に保険をかけるものであり、要するに「死亡時に保険金が支払われる保険」のことを全般的に生命保険と呼びます。そして、実は生命保険には多くの種類が存在しています。

例えば「学資保険」と呼ばれる種類の保険があります。この保険は子供の教育に必要となる費用を積み立てることができる保険ですが、この保険も親の死亡時には子供の教育費用が支払われる、という仕組みが用意されています。死亡時に保険金が支払われる仕組みであるため、これも生命保険の一種ということになります。

生命保険は確定申告において控除が認められている項目の1つです。そのため、生命保険の利用にかかる費用というのは申告を行うことによって経費として扱うことができ、税金の課税対象から除く事ができます。自分の利用している保険が控除対象になる保険であるかどうか把握しておくことにはこういったメリットがあります。

それでは、生命保険を利用する場合、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。生命保険は誰もが高額な保険を掛けておくことにメリットがあるもの、というわけではありません。適切な保険を利用することが重要な保険です。そこでここでは、適切な生命保険を選ぶための方法として基本的に知っておきたい「生命保険の種類」と「生命保険のプロフェッショナル」について、それぞれ保険選びの参考として紹介します。