生命保険の種類

それではまず、生命保険の種類について紹介します。生命保険に限らず、保険には大きく分けて二つの種類があります。一つは定期保険、もう一つは積立保険です。どちらの保険なのかによって得られる効果や必要となる費用に大きな違いがあるため、まずはどちらのタイプの保険を利用するのかを考えるのが良いでしょう。

まずは定期保険について紹介します。定期保険は一般に掛け捨て保険と呼ばれることもあり、名前の響きから「デメリットがあるもの」として考えられがちです。しかし、実際にはそうとも限りません。決まった期間のみの利用となり、支払った保険金の返戻が行われないのが定期保険の特徴です。しかし、その分保険料が安く設定されているのがポイントとなっています。保険の効果だけを適切に得たいという場合には十分利用の選択肢に入る方法と言えるでしょう。

対して積立保険というのは、支払った保険料がリザーブされ、満期を迎えた際に返戻される仕組みの保険を言います。積立金額として保険料を支払うことになるために、比較的高額になってしまうのがデメリットです。また、返戻金についてもその時々の金利の変動などによって変化する可能性があります。「保険機能付きの貯蓄」という面があります。